冬に楽しむ植物。アネモネとラナンキュラスと。

コロナの影響で、自宅にいることが多くなり、秋〜初冬にかけてアネモネやラナンキュラスなどをいくつか植えました。

アネモネ オーロラ
こちらの写真は「アネモネ オーロラ(八重)」。
薄い花びらがいくつも重なって、とてもきれいで、ずっと見ていても飽きないのが不思議です^^;

アネモネは、秋〜春にかけての耐寒性の強い球根植物で、ギリシャ語の「風」を意味する「anemos」が由来のようです。
秋には、通常の大きさのお花が咲きましたが、冬は小さめになりました。

写真は晩秋のお花を花瓶に挿したもので、花の背後から自然光が差すように置き、そうすると花の正面が影で暗くなるので、その影をなくすようにハレパネで反射させて撮りました。

アネモネ ポルト

白い花びらの写真は「アネモネ ポルト」。
もともとアネモネって、このような花びらが一重のお花だった気がします。
冬はつぼみが開くまで何日もかかりますが、それでも寒い中、通常の大きさのお花が咲きました。

ラナンキュラス 綾リッチ

こちらはアネモネに似ているラナンキュラス。「綾リッチ」という種類です。
「寒さには比較的強い」と書かれています。
つぼみをたくさんつけますが、冬の寒さにじっと耐えているようで、開かないままずっと長い期間つぼみです。なので、お花の部分を切って部屋の中の花瓶に挿してみました。
ラナンキュラスも球根植物で、ラテン語の「かえる」を意味する「rana」から来ているようです。

ラナンキュラスと一緒に花瓶に入れているのは「レイシェステリア ジェラシー」と「ヴィルガツム」です。

「レイシェステリア ジェラシー」は、スイカズラ科の宿根草。
耐寒性が強いと書かれていますが、冬の外にある植物は葉が全部落ちています。
こちらは葉っぱの色が、とても明るいキミドリ色なので、植えた場所も明るくしてくれます。
晩夏に購入しましたが、夏につける花もとても魅力的です。

「ヴィルガツム」は、フジウツギ科の宿根草です。
シルバーリーフで、寒い冬の外でも葉っぱをつけています。
夏から秋にかけて、白い小さな花をつけます。

宿根草から根っこ

部屋の花瓶に挿したり、神棚に置いていますが(榊の代わりにならないですかね。)根っこがたくさん出てきてびっくりしました。
根っこが出る植物は自分で増やしていけるので、それも楽しいですね。
春になったら、鉢に植えてみます。

世界でコロナワクチンの接種も始まって、少しずつでも、行きたいところに自由に気兼ねなく外出できるようになればいいなと思います。
ワクチンの接種も、最初は少し心配です。

2021うし年の年賀状もう1つ。

2021年の干支は、丑(うし)。
もう1つ、2021年賀状を作りました。
うしが白と黒のモノクロの模様なので、ジャイアントパンダ、シマウマ、白くま、ペンギンを登場させました。パンダは、保護色だと聞いたことがありますが、うしも保護色なのでしょうかね。漢字で書くと「大熊猫」なんですね!(◎_◎;)
うしは1頭だけでほとんど大熊猫です^^

2021年賀状 COWとWOW

こちらは、丑の白黒の模様がカラフルだったらどんな感じだろうと思って、しっぽで自分の体にペイントしている年賀状を作りました。
しっぽの先のところにメッセージを書くのもおすすめです。

2021うし年の年賀状

南天を手に持っている柴犬のポストカードは、冬〜早春にかけて使えるようにしました。
南天は「難を転じて福となす」という意味のある縁起の良い植物です。

インクジェットプリンターにてプリント可能

上記3種類のポストカードは、表面に小さな凹凸のあるざらっとした、手触りがやさしい質感の紙にオフセット印刷をしました。

Creemaで販売しております。
https://www.creema.jp/c/tsukitokaede

▪︎枚数:4枚入り(他の絵柄のカードとの組み合わせも可能です。)
▪︎価格:550円(税込)
▪︎サイズ:ヨコ100×タテ148mm または ヨコ148×タテ100mm(官製はがきと同じサイズ)
▪︎厚み:官製はがきと同じくらいの厚み
▪︎切手:63円の切手が別途必要
▪︎切手面:上部に「Postcard」と入れてあります。
▪︎プリント:インクジェットプリンターのグレースケール印刷ができます。
また、筆ペンやジェルボールペン、万年筆でもサラッときれいに書くことができます。

年賀はんこ ひょうたん

年賀はんこも作りました。年賀はがきと書かれていないポストカードにスタンプします。
ひょうたんはお正月にふさわしい縁起の良いモチーフです。

▪︎個数:1個
▪︎価格:1,000円(税込)
▪︎サイズ:ヨコ13×タテ20×長さ60mm

メトリクス? オプティカル? 文字間のカーニング。

先日、他のデザイナーさんが制作したサイトのもとデータ、Adobe Photoshopのデータを見れる機会があって気づきました。何年も使っているのに、今さら気がつきました(^^;
文字ウインドウの中に「V/A(文字間のカーニングを設定)」という項目があって「0」などの数値、または「メトリクス」「オプティカル」を選ぶことができるようになっています。
Adobe Illustratorは「メトリクス」「オプティカル」それに加え「和文等幅」が選べるようになっています。

私はいつも手入力で文字間を調整していて、「メトリクス」「オプティカル」には設定したことがなかったので調べてみました。普段、耳にしないワードです。

(↑Adobe Frescoで描いてみました^ ^)
デザインの仕事でPC(主にMac)を導入し始めた1990年前後、普通に使われるようになったのはその何年か後だったと思いますが、その前は、手作業でデザインの版下を作っていて、文字は「写植」を使っていました。
写植とは、書体(フォント)・文字の級数(ポイント数)・行間などをどれにするのか指定して「写植屋さん」に文字原稿を渡して、文字を打ってもらうものでした。白い印画紙に黒い文字で仕上げてくれます。
それをカッターで切り取って、剥がせるスプレーのりで版下に貼って、手作業で文字間のカーニングをしていました。今思うと、気の遠くなる作業です。

その作業をしていたせいもあって、Macを使っている現在でも、紙媒体の場合は同じように一文字ずつ文字間をチェックしています。

メトリクス [metrics] とは、文字デザイナーが意図した通りに、特定の文字が並んだときの間隔が自動的に調整される文字詰め、
オプティカル [optical] は、文字の形状に基づき文字間のスペースを調整する文字詰め、とのことです。

Illustratorで「メトリクス」や「オプティカル」を指定してみると、一瞬で整います。
詰まりすぎている場合には、「V/A(文字間のカーニングを設定)」の右隣にある「V<->A(選択した文字のトラッキングを設定)」で全体の文字間を等間隔に広げることができます。
こちらを使いながら、最終的に、詰まり過ぎのところを開けたり、広がりすぎのところを詰めたりすると便利です。

WEBデザインの場合は、一文字ずつの調整はむずかしいと思いますが、CSSで文字間の調整ができるそうです。詰まりすぎても読みにくかったら、トラッキングを併用すればいいかもしれません。
「等幅」フォントは文字間の調整ができないようですが、「等幅」を使ったほうがきれいな場合もあると思います。数字の前後は開いてしまったりするので、むずかしいです。

今後は、Adobe Illustrator と Photoshop の場合、「メトリクス」「オプティカル」を使いながら、最終的には、自分の感覚でトラッキングを使いながら調整する、ということにしました。その都度、調整します。

Adobe Indesignになりますが「文字の間隔を読みやすく調整する」のページがありました。
https://helpx.adobe.com/jp/indesign/how-to/adjust-letter-spacing.html

Adobe Photoshop「行と文字の間隔」
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/line-character-spacing.html