手作り封筒と強力テープのり。

仕事でも使えるようなオリジナル封筒が作りたいと思っていて、製袋屋さんに問い合わせてみると、ロットがけっこう大きかったので、自分で手貼りはどうかと考えました。

C o n t e n t s
▶︎封筒を貼るための強力テープのり比較
▶︎おたより手帖と手紙のある暮らし
▶︎コラージュ用に集めた古切手

封筒を貼るための強力テープのり比較

強力テープのり

水のりやボンドだと、紙が水分を吸収してシワシワになってしまうので、テープのりを試してみました。
右側「PLUS しっかり貼れるテープのり 強粘着」と、真ん中「PLUS しわにならないテープのり ノリノプロ」は、封筒の封をする時に貼るには、ちょうど良い粘着力でしたが、製袋をするのには弱い気がしました。
左側「PLUS 超強力に貼れる ノリノハイパー」は、製袋もOKな強さで貼ることができました。
長さが12mなので、1枚の封筒に20cmずつ使うとすると、約60枚の封筒が作れる計算になります。テープのりの金額にもよりますが、1枚の封筒に3.7円くらいのり代がコストとしてかかってくるとなると、高い気もします。。製品化する場合は。個人的に楽しむなら、気にならないですね。
やはりロットは大きくなりますが、製袋屋さんや封筒屋さんに依頼するのがいいのかな、とも思います。実際に封筒を試作してみるのがいいですね。

おたより手帖と手紙のある暮らし

おたより手帖・手紙のある暮らし

友人からお手紙や年賀状を送ってもらったときに、直筆でなにか書かれていると、あったかい気持ちになります。最近はレターセットで手紙を書いたりすることは少ないのですが、仕事で請求書やお礼状を送ることはよくあります。
請求書やお見積書は、本当にビジネスという感じで、かわいくなくてもおしゃれじゃなくても構わないのだと思いますが、むしろかわいいとおかしいかもしれないのですが(笑)どこかポイントでおしゃれなセンスが光るといいのにな、といつも思っています。
「おたより手帖」にはたくさんのかわいい手作り封筒が掲載されていて、自分でも作りたくなります。「手紙のある暮らし」は、お手紙の見た目だけでなく、書かれている内容も素敵でした。文通したくなります。

コラージュ用に集めた古切手

世界の古切手

東京に住んでいたときに、青山の骨董市、古切手屋さんに行くのが好きで、コラージュ用に集めた古切手。もともとが古いので、時間が経っても捨てられなくて、保存してあります。
5枚綴りの切手はトケラウ諸島の南国の風景が描かれています。左下のITの切手はたぶんフランスの切手で、果物の絵はインド、赤い馬に乗った人の切手はCCCPと書かれていて、これはソビエト連邦の切手のようです。
現在の切手も大好きで、最近では、酒井駒子さんやいわさきちひろさんの絵本作家さんたちの切手に気持ちが盛り上がりました。
切手が素敵な場合は、白いふんわりした質感の封筒に貼ると、すごくきれいなんですよね。

オフセット印刷と活版印刷で年賀状2020子年。

イエティとねずみ

明けましておめでとうございます。
今年は1月5日または6日から仕事を始める予定です。6日にはポートレイトを撮影させていただきます。緊張します。

今年も自分で描いたイラストを年賀状にしました。イエティをお世話をするねずみたちです^ ^
昨年と同じく、1色のオフセット印刷の上に、グレーのラインで活版印刷をしていただきました。クリーム色の紙を使ったので、懐かしいような、レトロ感のある雰囲気に仕上がりました。活版印刷は、紙に凹みができてエンボス加工のようになり、立体感が出るので好きです。

イエティとねずみ

オリジナルで年賀状を作りたい方は、11月上旬頃までにご注文をいただけたら、12月には仕上げますので、お電話やメールにてご相談ください。

今年に入ってすぐに、松本にある信毎メディアガーデンというところで開催された「動くゴッホ展」を観に行ってきました。とてもきれいな施設でした。
ゴッホの絵画はデジタル化されたもので、ポートレイトがまばたきしていたり、木々や小麦畑は風に吹かれて揺れていたり、大きなひまわりも迫力がありました。
ゴッホの生涯もショートムービーで観ることができました。デッサンを習い始めたばかりの十代の頃、ゴッホをはじめいろんな画家の勉強をした時には、その人生にはあまり興味がなかったのですが、今は画家の人生も感じながら、その作品を観ると、また違った感動があります。

カラーコピー、オンデマンド印刷、オフセット印刷の比較。

名刺、チラシ、パンフレットなど、印刷またはプリントをしたい場合
どのような印刷方法があるのか。
印刷屋さんに発注すると、コストがかかるのでは。
など、気になるところですよね。コピーや印刷には、いろんな種類がたくさんありますが、その中でもよく利用している
カラーコピー
オンデマンド印刷
オフセット印刷
についてまとめてみました。
写真は、クラフト紙に子どもの絵を「レトロ印刷」したものです。かわいく印刷できる「レトロ印刷」もご紹介します。^ – ^

レトロ印刷

C o n t e n t s
▶︎カラーコピーのメリット・デメリット
▶︎オンデマンド印刷のメリット・デメリット
▶︎オフセット印刷のメリット・デメリット
▶︎ほかにどんな印刷があるんだろう
▶︎かわいい印刷「レトロ印刷」

カラーコピーのメリット・デメリット

【 メリット(長所)】
自宅、会社、コンビニエンスストアで手軽にプリントができる。
テストプリントをしてみて、間違いがあれば、すぐに修正ができる。
1枚〜少量のプリントに向いている。
インクジェットの場合「にじみ」を生かした仕上がりにできる。
和紙など、特殊な紙にプリントできる。

【 デメリット(短所)】
仕上がりに色ムラが出るときがある。
オフセット印刷と比べると、写真の鮮明さに欠ける。
四辺が裁ち落としまでプリントできない機種の場合、四辺のフチが白く残る。
インクジェットの場合、1枚あたりの時間とコストがかかる。
多量に印刷する場合には向いていない。

【 こちらに使っています 】
*お店などに設置するPOP(10枚以下の時)
*クライアント様にプレゼンテーションする時のデザイン案
*新年会や地区のイベントのお知らせ
*商品ラベルに和紙を使いたいとき

オンデマンド印刷のメリット・デメリット

オンデマンド印刷

上の写真は、オンデマンド印刷でプリントしたメニューの写真(紙:マットコート)をマクロレンズで撮影して拡大したものです。アミ点で出力されています。

【 メリット(長所)】
カラーコピーと比べると、文字や写真も鮮明にプリントできる。
量が少ない場合(50枚など)オフセット印刷と比べると、コストを抑えられる。
1枚〜少量のプリントに向いている。
オンデマンド印刷は、印刷屋さんに発注するため、自分の作業時間を減らすことができる。

【 デメリット(短所)】
オフセット印刷と比べると、写真の鮮明さに欠ける。
多量に印刷する場合には向いていない。

【 こちらに使っています 】
*カフェのメニュー(50枚以下の時)
*商品のラベルシール

オフセット印刷のメリット・デメリット

【 メリット(長所)】
カラーコピーやオンデマンド印刷と比べると、文字や写真も鮮明にプリントできる。写真のようにきれい。
多量に印刷する場合、1枚あたりのコストが抑えられる。
多量のプリントに向いている。
印刷屋さんに発注するため、自分の作業時間を減らすことができる。

【 デメリット(短所)】
少量の印刷の場合、1枚あたりが高額になる。
いきなり本番の印刷をすると、色が予想に反するときがある。
(例えば、写真の顔色が黒くなってしまうなど)
用紙にとても影響されるので、本番の前に色校正をとって、色の確認をしておくことが大事。

【 こちらに使っています 】
*名刺、リーフレット、パンフレット、カタログ など
*商品ラベル・パッケージ
*選挙ポスター(耐光インクあり)

ほかにどんな印刷があるんだろう

◆シルク印刷 和紙や布などテクスチャーのあるものにも印刷できる。
【 こちらに使っています 】
*ポストカードの一部に発泡インクでシルク印刷し、その後アイロンをかけて立体感を出す。
*ザラザラの和紙に文字を印刷。

◆活版印刷 インク部分が凹むので、紙に立体感が生まれる。
【 こちらに使っています 】
年賀状に使ってみました。

◆箔押し 金色、銀色、レインボーカラーなどでキラキラの印刷ができる。
【 こちらに使っています 】
*カタログの表紙など、一部強調したい文字やイラストを箔押し。
*便箋など、高級感を出したいとき。

かわいい印刷「レトロ印刷」

一番上に掲載した写真ですが、茶色のクラフト紙に「レトロ印刷」したものです。インクの色は「茶」と「白」です。
上記カラーコピーやオフセット印刷の場合「白」は白色をのせるのではなくて、紙色のままが白になります。水彩画と同じですね。
でもこちらの「レトロ印刷」の「白」はインクの白をのせています。
「白」はべったりしていなくて、紙の色が透けるくらいさサラッと印刷されています。
印刷した紙と紙の間に、インクがこすれてうつらないよう配慮して、1枚ずつ間紙(あいがみ)が入っていました。お仕事で機会があれば、使ってみたい印刷です。

レトロ印刷 JAM 様:https://jam-p.com/