桜並木レターセットとカッティングマシン。

春の気配を感じるようになってきました。
桜の木やバラの木などを見ると、芽吹いているのがわかります。
冬の寒さに縮こまっていた植物が、ほころび始めました。

桜並木レターセットを作ってみました。
新一年生のご入学お祝いに添えたり、春のお手紙としてお使いいただけます。

桜並木レターセット

型抜きの便箋を数多く作る場合、いつもは「トムソン加工」という加工をして型抜きをするのですが、少量の制作なので、カッティングマシンを購入してカットしてみました。

便箋 桜並木

今回、封筒もカッティングマシンでカットしてから、自分で製袋(せいたい)しています。

洋2封筒 桜吹雪

カッティングマシンを購入する前には、ユーロポート株式会社にカットテストもお願いして、時間をかけて選びました。
購入後、自分でカットテストをしていましたが、慣れるまでにたくさん失敗をして、カットしたい紙を載せる台紙は、深い溝もできました^^;
なんでもそうですが、上手に出来る人の行動を先に目の前で見ていると「出来る」という信用が自分の心に生まれて、すんなり出来るんだと思いますが、出来るか出来ないかわからないと、すごく不安になりますね。
今はカットに慣れて、きれいにカットすることができます^^

ユーロポート株式会社(とても親切です)
https://europort.jp

*  *  *

Creemaで販売しております。
https://www.creema.jp/c/tsukitokaede

【レターセット内容】
▪︎便箋2枚、封筒2枚、台紙1枚
▪︎価格:620円(税込)

【オプション】
▪︎便箋と封筒について、それぞれ枚数を1枚単位で追加することができます。

[便箋]
▪︎枚数:2枚入り
▪︎折った時のサイズ:A6(ヨコ148×タテ105mm)
▪︎伸ばした時のサイズ:ヨコ148×タテ約250mm
▪︎印刷:オフセット印刷
▪︎厚み:コピー用紙よりも厚みがあります。
▪︎紙の質感:さらっとした、やさしい手触りで、文字が書きやすい質感です。
筆ペンやジェルボールペン、万年筆でもきれいに書くことができます。

[封筒]
▪︎枚数:2枚入り
▪︎サイズ:洋2封筒(ヨコ162×タテ114〜115mm)
▪︎印刷:オンデマンド印刷
▪︎厚み:コピー用紙よりも若干ですが、厚みがあります。
▪︎紙の質感:さらっとした、半透明の紙、トレーシングペーパーです。
油性ペンできれいに書くことができ、乾きも早いです。
筆ペンや万年筆でもきれいに書くことができますが、乾くのに少し時間がかかります。
封をしたり切手を貼る時に、水分量の多いのりを使うとシワになりやすいので、テープのりや両面テープがおすすめです。または水分量の少ないボンドを少量使うときれいに貼ることができます。

[台紙]
▪︎枚数:1枚入り
▪︎サイズ:ヨコ165×タテ117mm
▪︎印刷:オンデマンド印刷
▪︎厚み:ポストカードよりも厚みがあります。
便箋や封筒が折れないように入れています。
罫線を印刷してあるので、便箋や封筒の下敷きとしてお使いいただけます。

2021うし年の年賀状もう1つ。

2021年の干支は、丑(うし)。
もう1つ、2021年賀状を作りました。
うしが白と黒のモノクロの模様なので、ジャイアントパンダ、シマウマ、白くま、ペンギンを登場させました。パンダは、保護色だと聞いたことがありますが、うしも保護色なのでしょうかね。漢字で書くと「大熊猫」なんですね!(◎_◎;)
うしは1頭だけでほとんど大熊猫です^^

2021年賀状 COWとWOW

こちらは、丑の白黒の模様がカラフルだったらどんな感じだろうと思って、しっぽで自分の体にペイントしている年賀状を作りました。
しっぽの先のところにメッセージを書くのもおすすめです。

2021うし年の年賀状

南天を手に持っている柴犬のポストカードは、冬〜早春にかけて使えるようにしました。
南天は「難を転じて福となす」という意味のある縁起の良い植物です。

インクジェットプリンターにてプリント可能

上記3種類のポストカードは、表面に小さな凹凸のあるざらっとした、手触りがやさしい質感の紙にオフセット印刷をしました。

Creemaで販売しております。
https://www.creema.jp/c/tsukitokaede

▪︎枚数:4枚入り(他の絵柄のカードとの組み合わせも可能です。)
▪︎価格:550円(税込)
▪︎サイズ:ヨコ100×タテ148mm または ヨコ148×タテ100mm(官製はがきと同じサイズ)
▪︎厚み:官製はがきと同じくらいの厚み
▪︎切手:63円の切手が別途必要
▪︎切手面:上部に「Postcard」と入れてあります。
▪︎プリント:インクジェットプリンターのグレースケール印刷ができます。
また、筆ペンやジェルボールペン、万年筆でもサラッときれいに書くことができます。

年賀はんこ ひょうたん

年賀はんこも作りました。年賀はがきと書かれていないポストカードにスタンプします。
ひょうたんはお正月にふさわしい縁起の良いモチーフです。

▪︎個数:1個
▪︎価格:1,000円(税込)
▪︎サイズ:ヨコ13×タテ20×長さ60mm

Adobe Frescoであんぱんを描いてみました。

Adobe Fresco(アドビ フレスコ)を使って、好きなパン屋さんのあんぱんを週末に描いてみました。
実際の画用紙に描くときは、水彩色鉛筆のFABER CASTELL(ファーバーカステル)を使っていますが「この茶色とこの茶色の中間の色が家にあったらよかったのに」ということもあって、そのような「持っていない色」をFrescoだったらすぐに選べるのがうれしいです。

あんぱんのイラスト

描くために用意したものは、iPad、Apple Pencil、iPadとPencilを入れるケース、紙の質感のフィルム。
iPadの画面はツルツルしているので、少しザラっとした紙の質感のフィルム(透明)を貼っています。

iPadにFresco

Frescoを使える権利は、Adobe Fresco 単体プラン、Adobe Photoshop 単体プラン、Adobe Creative Cloud コンプリートプランとあるようです。スマホにもダウンロードしようとしましたが、iPad専用でした。
(上の写真のアップルタッチアイコンはブログを書いた当時のものになります。)

あんぱんを机に置いて、じっと見ながら描いてみました。2時間くらいかかりました(^^;
本当は質感が豊かなクロワッサンを描きたかったのですが、売り切れていたので、あんぱんに。丸くて表情が少ないかなと思って、手でちぎってみました。

レイヤー別の表示

Frescoでは色の塗り重ねが、レイヤー別にできます。右側に表示されている小さな四角の枠がレイヤーです。レイヤーで重ねることによって、もし描き方を失敗しても、その部分だけ削除ができるので便利です。
あんぱんのつぶつぶ「ケシの実」は3つのレイヤーで作ってありますが、グループ化して、レイヤーで好きな場所に移動も回転もできます。「あんこ」も同様にレイヤーをグループ化しています。途中でクリームパンにも変更できそうです。

そして、そのレイヤーが別々のまま、デクスクトップPCのPhotoshopで開いて作業ができます。

Air Dropで送る

PSD形式で書き出し、Air Dropを使って、ipadからデクスクトップPCへ送信しました。

Photoshopで開く

Photoshopで開いてもレイヤーはそのまま保存されています。

ノートに描いたようなあんぱん

Photoshopでレイヤーの下にノートの画像を重ねて「ノートに描いたようなあんぱん」にしてみました。
Frescoは、描いた絵をスキャンしなくてもデータとして使える、修正がしやすい、色がたくさん選べるので、印刷物に使うにはとても便利だと思いました。いろんなパンの絵を描いて、パン屋さんのリーフレットを作ってもおしゃれだと思います。

画用紙に色鉛筆で描く絵は、あたたかみもあるし、額に入れて飾ることもできます。
描いたところを指でこすることもできるので、それが魅力です。
子どもがクレヨンで厚く描いてあるところを、指でこすってぼかしてある絵が、とても好きです。

Frescoでも指でこする作業ができればうれしいです。今回それが見つけられませんでしたが、あるのでしょうか。これから探してみたいと思います。

*Adobe Fresco スケッチ&ペイントアプリ
*Adobe Fresco よくある質問