Adobe Frescoであんぱんを描いてみました。

Adobe Fresco(アドビ フレスコ)を使って、好きなパン屋さんのあんぱんを週末に描いてみました。
実際の画用紙に描くときは、水彩色鉛筆のFABER CASTELL(ファーバーカステル)を使っていますが「この茶色とこの茶色の中間の色が家にあったらよかったのに」ということもあって、そのような「持っていない色」をFrescoだったらすぐに選べるのがうれしいです。

あんぱんのイラスト

描くために用意したものは、iPad、Apple Pencil、iPadとPencilを入れるケース、紙の質感のフィルム。
iPadの画面はツルツルしているので、少しザラっとした紙の質感のフィルム(透明)を貼っています。

iPadにFresco

Frescoを使える権利は、Adobe Fresco 単体プラン、Adobe Photoshop 単体プラン、Adobe Creative Cloud コンプリートプランとあるようです。スマホにもダウンロードしようとしましたが、iPad専用でした。

あんぱんを机に置いて、じっと見ながら描いてみました。2時間くらいかかりました(^^;
本当は質感が豊かなクロワッサンを描きたかったのですが、売り切れていたので、あんぱんに。丸くて表情が少ないかなと思って、手でちぎってみました。

レイヤー別の表示

Frescoでは色の塗り重ねが、レイヤー別にできます。右側に表示されている小さな四角の枠がレイヤーです。レイヤーで重ねることによって、もし描き方を失敗しても、その部分だけ削除ができるので便利です。
あんぱんのつぶつぶ「ケシの実」は3つのレイヤーで作ってありますが、グループ化して、レイヤーで好きな場所に移動も回転もできます。「あんこ」も同様にレイヤーをグループ化しています。途中でクリームパンにも変更できそうです。

そして、そのレイヤーが別々のまま、デクスクトップPCのPhotoshopで開いて作業ができます。

Air Dropで送る

PSD形式で書き出し、Air Dropを使って、ipadからデクスクトップPCへ送信しました。

Photoshopで開く

Photoshopで開いてもレイヤーはそのまま保存されています。

ノートに描いたようなあんぱん

Photoshopでレイヤーの下にノートの画像を重ねて「ノートに描いたようなあんぱん」にしてみました。
Frescoは、描いた絵をスキャンしなくてもデータとして使える、修正がしやすい、色がたくさん選べるので、印刷物に使うにはとても便利だと思いました。いろんなパンの絵を描いて、パン屋さんのリーフレットを作ってもおしゃれだと思います。

画用紙に色鉛筆で描く絵は、あたたかみもあるし、額に入れて飾ることもできます。
描いたところを指でこすることもできるので、それが魅力です。
子どもがクレヨンで厚く描いてあるところを、指でこすってぼかしてある絵が、とても好きです。

Frescoでも指でこする作業ができればうれしいです。今回それが見つけられませんでしたが、あるのでしょうか。これから探してみたいと思います。

*Adobe Fresco スケッチ&ペイントアプリ
*Adobe Fresco よくある質問

オフセット印刷と活版印刷で年賀状2020子年。

イエティとねずみ

明けましておめでとうございます。
今年は1月5日または6日から仕事を始める予定です。6日にはポートレイトを撮影させていただきます。緊張します。

今年も自分で描いたイラストを年賀状にしました。イエティをお世話をするねずみたちです^ ^
昨年と同じく、1色のオフセット印刷の上に、グレーのラインで活版印刷をしていただきました。クリーム色の紙を使ったので、懐かしいような、レトロ感のある雰囲気に仕上がりました。活版印刷は、紙に凹みができてエンボス加工のようになり、立体感が出るので好きです。

イエティとねずみ

オリジナルで年賀状を作りたい方は、11月上旬頃までにご注文をいただけたら、12月には仕上げますので、お電話やメールにてご相談ください。

今年に入ってすぐに、松本にある信毎メディアガーデンというところで開催された「動くゴッホ展」を観に行ってきました。とてもきれいな施設でした。
ゴッホの絵画はデジタル化されたもので、ポートレイトがまばたきしていたり、木々や小麦畑は風に吹かれて揺れていたり、大きなひまわりも迫力がありました。
ゴッホの生涯もショートムービーで観ることができました。デッサンを習い始めたばかりの十代の頃、ゴッホをはじめいろんな画家の勉強をした時には、その人生にはあまり興味がなかったのですが、今は画家の人生も感じながら、その作品を観ると、また違った感動があります。

観光施設での壁面イラスト。

昨年、観光施設での壁面の一部イラストを描かせていただきました。完成したところを見たくて、行ってきました。
場所は、富士山がとても近くにきれいに見ることができる富士吉田市です。雲がほとんどない快晴で、富士山をより近くに感じることができました。
大きな富士山をパシャ ^ ^

山梨から見た富士山

もとは、イラストレーター専門でお仕事をしていきたいと思っていた時期もあったので、イラストのお仕事をいただけるのはとてもうれしいことです。今回は、手描きで描いた下絵をクライアント様にチェックしていただいてから、本番はAdobeイラストレーターを使って、ベクターデータに仕上げていきました。ベクターデータは、拡大してもぼやけたりすることがないため、大きなイラストも輪郭線がきれいにプリントされていました。

写真のようなグラデーションやぼかしを生かしたい時には、Adobeフォトショップで作るラスターデータが向いています。ラスターデータは、小さな四角の集まりでできているので、拡大するとモザイク模様のようになります。解像度を低くすると荒い四角になり、解像度を高くするとなめらかな色の表現になります。

イラストの話からそれますが、観光施設に行ったのが午前早めだったので空いていて、販売されている方と少しお話をしました。
どのような流れでそのお話になったのか、同じ成分の2つのお水に「ポジティブな良い言葉」と「ネガティブな悪い言葉」をそれぞれ別にかけたところ「良い言葉」の方はお水が澄んで、「悪い言葉」はお水が濁ったそうで。。人間もほとんどが水分でできているから、それが強く影響するとか。
自分で実験してはいないのですが、わかる気がします。