多肉植物の寄せ植えをかわいいブリキ鉢に。

ギフトを探して、雑貨屋さんで買い物をしたところ、空き缶のようなブリキの鉢が棚に置いてありました。(2枚目の写真)あまりのかわいさに一目惚れして、レジカウンターに持っていったところ、ディスプレイ用なので販売していませんとのこと(;_;)
でもやっぱりほしかったので、鉢のウラにあったシールに記載されていた品番でネット検索してみたところ。。ありました!早速、鉢に合いそうな多肉植物を選んで植えてみました ^ – ^

C o n t e n t s
▶︎本の形をしたブリキの鉢に寄せ植え
▶︎空き缶のようなブリキの鉢がかわいい
▶︎セリアのアンティーク風の鉢に寄せ植え

本の形をしたブリキの鉢に寄せ植え

多肉植物 樹氷 シルバーグラス ドリームスター サブセシリス

左前:樹氷、左後ろ:シルバーグラス、真ん中の多肉植物はわからなくて、右前:ドリームスター、右後ろ:サブセシリス。
シルバーグラスの葉を、指でさわると、ハーブのような甘い爽やかな香りがします。
ドリームスターのような黄色に近い色を入れると明るい雰囲気になります。根っこが細くて短いので、根鉢をあまり崩さないようにして入れました。
こちらのブリキの鉢は、ちゃんと底に穴が空いています。穴は1つだけなので、鉢底石を多めに入れて水はけが良くなるようにしています。株式会社 友膳さんの鉢です。

【植物のその後】
シルバーグラスは夏にとても大きくなり、単体で別の鉢に植え替えました。寒さに弱く、冬には葉が茶色くなってしまいましたが、また夏になり、ぐんぐん成長しています。
ドリームスターは放っておいても元気に広がります。水が足りないと、白っぽくなります。
サブセシリスは根元から、新芽が出てきましたが、一番大きな部分が茶色くなってしまって、今は新芽のみ残した状態です。成長はゆっくりです。

空き缶のようなブリキの鉢がかわいい

多肉植物 樹氷 熊童子 十二の巻 ドリームスター

こちらが一目惚れした空き缶のようなブリキの鉢です。手のひらに入る小さめサイズです。ちゃんと底に穴が空いています。こちらも株式会社 友膳さんの鉢です。
ブルーの鉢:左から、樹氷、熊童子。
熊童子は、子グマの手の形に似ていることから、この名前になったようです。ふわふわの毛があり、ぷっくりとしていて、ずっと見ていても飽きません。
白い鉢:左から、十二の巻、ドリームスター。
十二の巻は、細長い尖った葉に、白い模様がおしゃれです。ぎょっとするほど根っこが大きくグロテスクです。今回、小さな鉢に押し込みました。大きく成長しそうなので、この鉢がきつくなってきたら、大きめの鉢に植え替えます。

【植物のその後】
樹氷も熊童子も冬越しできました。冬の昼間は外に置いておきましたが、夜間は家の中に入れました。
十二の巻は大きくなったので、単体で別の鉢に植え替えました。根っこが大きいせいか、すぐに土が乾きます。5〜6月に真ん中から伸びた茎に、シックな色の小さな花が咲きました。

セリアのアンティーク風の鉢に寄せ植え

多肉植物 クラッスラ紅稚児 ドリームスター ファンファーレ

写真左から、クラッスラ紅稚児、ドリームスター、ファンファーレ。
ドリームスターが少なめですが、これから広がっていくことを予想しています。セリアのさびたブリキがとても風合いがあって100円とは思えません。ただ、鉢の下に穴が開いていないので、必要な場合は自分で開けることになります。

【植物のその後】
クラッスラ紅稚児は秋に赤くなりますが、夏は緑色になります。こちらも夏にぐんぐん大きくなっています。
ファンファーレは根元から新芽が出てきて、それも大きくなってきています。
セリアの鉢は、サビ加工のサビが進行して、左右の取手が外れました(><)

青木ヒデオさんの鉢に寄せ植えは、こちらのページです。

植物やお花の写真撮影、パンフレットのデザインなども承ります。