フリーランスの仕事、働くことに役立つと思った本。

コロナ禍も落ち着いてきて、手の消毒とマスクの着用はしながらも、外食も気軽にできるようになって本当によかったです。ワクチン接種は9月に2回目を無事に終えました。
デザインやイラスト、写真撮影などのお仕事をいただいていますが、読んだ本の中で「フリーランスの仕事、働くことにに役立つ」と思った本をいくつかこちらに書きます。

C o n t e n t s
▶︎おもしろい自己啓発小説「夢をかなえるゾウ」
▶︎お金のことがわかりやすく学べる本
▶︎仕事はもちろん、家庭でも心がけたいこと「7つの習慣」

おもしろい自己啓発小説「夢をかなえるゾウ」

仕事のことも不安だったコロナ禍の中で「夢をかなえるゾウ」を4冊読みました。
今フリーランスとしてお仕事をいただいているので、4冊の中でも自分の環境に近そうである?「夢をかなえるゾウ 2 ガネーシャと貧乏神」を一番最初に読んでみました。
声を出して笑ってしまうところもあり、それでいて仕事に対しての在り方なども「課題」として書かれているので、勉強になりました。
2の次に1と3、最後に4を読みました。

▶︎「夢をかなえるゾウ1」水野敬也(著)
〔文庫もあります〕
夢をなくしてしまった会社員を神様ガネーシャが成功に導くお話。

▶︎「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」水野敬也(著)
〔文庫もあります〕
売れないお笑い芸人のもとに、ガネーシャが降臨。テーマは「お金」と「才能」のお話です。貧乏神や釈迦も登場します。

▶︎「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」水野敬也(著)
〔文庫もあります〕
こちらは女性が主人公で「仕事」と「恋」のお話です。ブラックガネーシャの教えも書かれていて、面白かったです。

▶︎「夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神」水野敬也(著)
会社員の男性の前に、ガネーシャと死神が現れます。「家族」や「生き方」のお話。
少し前から「終活」にはとても興味があり、生きているうちにやっておくことがいろいろあるなと思いました。

お金のことがわかりやすく学べる本

これらは、4〜5年前の同じ時期に読んだ本です。
最初に「自営業の老後」または「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」を読んでから、お金の本を買ったと思います。
もともと心配性なので、不安を解消したくて本に頼ることも多いです。

▶︎「自営業の老後」上田惣子(著)
イラストレーターの上田惣子さん本人のエッセイマンガで、イラストもかわいいし、私にはとても参考になった本です。「確定拠出年金(iDeCo)」という60歳までの積み立て年金制度を知りました。税金の節約にもなります^^

▶︎「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」山田竜也(著)
こちらもフリーランスで仕事をしている山田竜也さん本人のお話で、とても勉強になりました。また読み返してみたいと思います。

▶︎「はじめての人のための3000円投資生活」横山光昭(著)
その時に立ち寄った本屋さんのビジネス書コーナーで1位だった本で、読みやすそうだったのですぐに購入した本です。

▶︎「図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」山崎元(著)大橋弘祐(著)
証券会社がいくつもあるので、どこにしたらよいのか参考になりそうです。

仕事はもちろん、家庭でも心がけたいこと「7つの習慣」

▶︎「完訳 7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー(著)
4〜5年前に、マナーやコミュニケーションの教室に2年間ほど、1ヶ月に1回通っていました。とてもお世話になったカメラマンの社長の奥様が先生でした。
先生から勧められたわけではないのですが、その時にコミュニケーションについて勉強しようと思って読んだ本です。
こちらの本のような生き方ができたらいいなと思いますが、全然できていません(T ^ T)

それでも、仕事も家庭でも誠実に応えていくことは大事だといつも思っています。