オフセット印刷と活版印刷で年賀状。

イラスト年賀状

明けましておめでとうございます。
1月4日から仕事を始めました。が、年末年始、昼間は子どもと一緒に過ごし、夜は結局仕事をしてしまいました。自宅で仕事をしていると、ONとOFFの区切りがつかなくなってしまうので、今年は休む時には休むように意識していきたいと思います。

自分で描いたイラストを年賀状にしました。ふんわりした質感の紙をベースにして、赤色のオフセット印刷の上に、グレーのラインで活版印刷をしていただきました。オフセット印刷はフルカラーも発注できるのですが、自分の年賀状にそこまでコストがかけられなかったので、今回は1色におさえました。活版印刷は、紙に凹みができて、エンボス加工のようになるので、小さいながらも立体感が出ていい感じに仕上がります。活版印刷のインクの色も金銀、白など、自由に選ぶことができます。

オリジナルで年賀状を作りたい方は、11月頃までにご注文をいただけたら、12月には仕上げますので、お電話やメールにてご相談ください。

お正月に『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を劇場で観ました。魔法生物のニフラーや、ボウトラックルがとてもかわいくて、絵で描いてみたくなりました。ハリーポッターシリーズも映画とDVDで全部観ましたが、ハリーポッターで登場する人物の過去ともつながっているので、とても面白いです(^-^)
想像力って本当にすごい!と思って、できるだけいつも良い想像力で過ごしたいと思います。時々はダークサイドに入りそうになりますが(^^;;

明日から外出先で撮影のお仕事です。
1月は、こども園のパンフレットや、和紙の商品カタログの制作をさせていただきます。いつもありがとうございます。

紅椿の湯様 貸切風呂の撮影。

奥湯村温泉 紅椿の湯様

奥湯村温泉 紅椿の湯様は、源泉かけ流し・日帰り温泉施設で、2013年9月から甲府市の湯村温泉郷にて営業されています。
*みんなが入浴できる大浴場・露天風呂・サウナ
*ご家族、ご友人、小さなお子様とも一緒に入れる貸切風呂(お電話にて要予約)
*アットホームな雰囲気のお食事処(天候に恵まれれば富士山が見えます)
*女性専用のトリートメントルーム、マザーズタッチサロンmint様(施術してくれるチーフがとても優しい)
があります。
オーナーや、スタッフの女性が親切で、明るく元気なので、入口からその雰囲気は伝わってきます。

貸切風呂で二人の姉妹が入浴しているところを、新聞折込広告の制作のため撮影させていただきました(*´꒳`*)♡
撮影のために、タオルを巻いていただき(いつもはタオルを巻いての入浴はNGですよね)オーナーから二人に話しかけておしゃべりしてもらって撮りました。とてもかわいい姉妹でした♡
足元が濡れてしまうため源泉をとめていますが、次回もし撮影させていただけるなら、源泉の出ているところも撮ってみたいです。

今回、再確認しましたが、やっぱり人の撮影はとても楽しいです。
子どもたちが遊んでいるところを撮るのも面白いし、初めて海外研修に行った時もいろんな人にお願いをして撮影させていただきました。おじいちゃんと男の子、おばあちゃんと白い犬、道路にチョークで絵を描く人、毛皮を売っている女性。
仕事の撮影で、子どもたちがサッカーの練習をしているところを撮らせていただきましたが、中学生くらいになると身体とボールの動きが速くて難しくなります。
もとは、マクロレンズで植物を撮影するのも好きです。
人の写真で気をつけているのは、許可のない写真は勝手に掲載しないということです。

紅椿の湯様のパンフレットを拝見すると、浴用の適応性は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病 です。

忘年会・新年会のご予約もできますし、2名様より宴会もOKです。5〜9名様で送迎バスもご利用できます。(10km圏内)

奥湯村温泉 紅椿の湯【年中無休】
〒400-0071 山梨県甲府市羽黒町1520
TEL.055-254-4500 FAX.055-254-4501
営業時間 10:00〜22:00
(紅椿の湯様に許可をいただいてから掲載しています。)

アンテーク風の白い板を作ってみました。

アンティーク風の白い板

写真の白いアンティーク風の板4枚と、クリーム色の板4枚は、撮影の時に背景として使いたくて、何年か前にオンラインショップで購入したものです。その時は5色くらい展開していて、最近ブルーも購入しようと思ってショップを見てみると、もうその商品の取り扱いはありませんでした(゚o゚;;
板のウラには「Made in China」のシールが貼られています。
他のショップも探してみましたが、ちょうどよい板が見つけられなくて、自分で作ろうと思ってアマゾンで材料を購入しました。今回作ったのは4枚の板の下に敷いてある白い木材です。

アンティーク風の板を作る材料

*用意したもの:杉板3枚、アクリルガッシュ白(水性顔料)、平筆、紙やすり(サンドペーパー)

▶︎国産杉 幅230×長さ700×厚み27mm 無塗装
▶︎アクリルガッシュ ホワイト 100ml
▶︎サクラクレパス デザイン筆 平筆

杉板は厚みが25mmもあるので、3枚も持ち運ぶのが、けっこう重くて大変です。外出先の撮影には持っていけない重さです。もっと薄い板にすれば、外出先にも持っていけたのに。。(^^;;

アクリルガッシュは100mlを購入しましたが、そんなに大きくなくても充分に足りました。調べてみると、20ml、40mlもあるようです。水性顔料なので、水に溶かして塗りました。乾いてからも水に溶けそうなので、雨が当たる場所での使用は難しそうです。今回は撮影用なので水性でOKです。

紙やすりは「耐水」を買ったけど、今回のものには向かなくて、家にあった「空研ぎペーパー」を使いました。板に絵の具を塗って乾かした後に、紙やすりをかけるので、通常のものはすぐに目詰まりしますが「空研ぎペーパー」はあまり詰まらず、作業が進みます。(´▽`)

家族に手伝ってもらいながら、杉板の片面をアクリルガッシュで塗り、一晩よく乾燥させてから次の日に紙やすりをかけて、その表面を濡らした布でゴシゴシ拭き取りました。
紙やすりを折ったカドのところを使って、板の表面にキズもつけてみました。その後にまた布でゴシゴシ。
アンティーク風な質感になりました♪