メトリクス? オプティカル? 文字間のカーニング。

先日、他のデザイナーさんが制作したサイトのもとデータ、Adobe Photoshopのデータを見れる機会があって気づきました。何年も使っているのに、今さら気がつきました(^^;
文字ウインドウの中に「V/A(文字間のカーニングを設定)」という項目があって「0」などの数値、または「メトリクス」「オプティカル」を選ぶことができるようになっています。
Adobe Illustratorは「メトリクス」「オプティカル」それに加え「和文等幅」が選べるようになっています。

私はいつも手入力で文字間を調整していて、「メトリクス」「オプティカル」には設定したことがなかったので調べてみました。普段、耳にしないワードです。

(↑Adobe Frescoで描いてみました^ ^)
デザインの仕事でPC(主にMac)を導入し始めた1990年前後、普通に使われるようになったのはその何年か後だったと思いますが、その前は、手作業でデザインの版下を作っていて、文字は「写植」を使っていました。
写植とは、書体(フォント)・文字の級数(ポイント数)・行間などをどれにするのか指定して「写植屋さん」に文字原稿を渡して、文字を打ってもらうものでした。白い印画紙に黒い文字で仕上げてくれます。
それをカッターで切り取って、剥がせるスプレーのりで版下に貼って、手作業で文字間のカーニングをしていました。今思うと、気の遠くなる作業です。

その作業をしていたせいもあって、Macを使っている現在でも、紙媒体の場合は同じように一文字ずつ文字間をチェックしています。

メトリクス [metrics] とは、文字デザイナーが意図した通りに、特定の文字が並んだときの間隔が自動的に調整される文字詰め、
オプティカル [optical] は、文字の形状に基づき文字間のスペースを調整する文字詰め、とのことです。

Illustratorで「メトリクス」や「オプティカル」を指定してみると、一瞬で整います。
詰まりすぎている場合には、「V/A(文字間のカーニングを設定)」の右隣にある「V<->A(選択した文字のトラッキングを設定)」で全体の文字間を等間隔に広げることができます。
こちらを使いながら、最終的に、詰まり過ぎのところを開けたり、広がりすぎのところを詰めたりすると便利です。

WEBデザインの場合は、一文字ずつの調整はむずかしいと思いますが、CSSで文字間の調整ができるそうです。詰まりすぎても読みにくかったら、トラッキングを併用すればいいかもしれません。
「等幅」フォントは文字間の調整ができないようですが、「等幅」を使ったほうがきれいな場合もあると思います。数字の前後は開いてしまったりするので、むずかしいです。

今後は、Adobe Illustrator と Photoshop の場合、「メトリクス」「オプティカル」を使いながら、最終的には、自分の感覚でトラッキングを使いながら調整する、ということにしました。その都度、調整します。

Adobe Indesignになりますが「文字の間隔を読みやすく調整する」のページがありました。
https://helpx.adobe.com/jp/indesign/how-to/adjust-letter-spacing.html

Adobe Photoshop「行と文字の間隔」
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/line-character-spacing.html

ことばから感じる心情や風景。

子どもと一緒にアニメのDVDをよく観ています。少し前なら、ドラえもん、ジブリのシリーズ、新海誠監督の映画、細田守監督の映画だったのですが、最近は、鬼滅の刃、ハイキュー!!、どろろ、ちはやふる などを観ています。
「ちはやふる」は私がはまってしまい、アニメの続きはコミックで最新巻まで読みました。ストーリーの中で詠まれる百人一首がとてもよくて「ちはやと覚える百人一首〜早覚え版〜」も今読んでいます。和歌はとても覚えられないのですが、意味を知りたいと思いました。

コピーの本・百人一首の本

▶︎「ちはやと覚える百人一首〜早覚え版〜」末次由紀(漫画)あんの秀子(著)
「ちはやふる」は、主人公はもちろん、主人公をとりまく他のキャラクターの個性が強く、魅力的で、スピンオフのようなストーリーもたくさんできそうな感じがします。
それに登場する「かなちゃん」は百人一首にとても詳しく、そのかなちゃんが和歌の説明をしています。
百人一首は「ちはやふる」を読んだから、興味を持って読むことができますが、学生の時の古典の授業では、全然興味がなかったです(^^;

▶︎「0才から100才の広告コピー」森山晋平(ひらり舎)(コピーセレクト・文)
▶︎「毎日読みたい365日の広告コピー」森山晋平(ひらり舎)(コピーセレクト・文)
いろんなコピーライターの方が、いろんな広告のために書いたコピーがたくさん掲載されています。
和歌もそうですが、短い文章なのに、それを読むと心情や風景がぱっと浮かぶのがすごいなと思います。
素敵なコピーは、時には自分の味方になってくれたり、時にはこのままじゃダメなんだなと思わせてくれます。
2冊は装丁もとてもおしゃれで、側面に「0-100YEARS OLD」とデザインされているのも、本を手に取ったときに「おお〜」と嬉しくなりました。本の装丁が気に入っていて、手放せない本もあります。

学生の時もNHKの俳句を作る番組をよく観ていて、今は「プレバト!!」がとても好きです。観るのは好きなのに、自分で文章を作るのは苦手です。。

多肉植物の寄せ植えと雨蛙。

今年の7月は、雨の日がとても多い。
夜が涼しくなって眠りやすくなる反面、お布団などが干せなくてジメジメしています。
朝、窓を開けるといつも濡れた質感のものが、ボトボトっと上から落ちてきて腕に当たるので、心臓に悪いです。雨蛙が1〜2匹、雨を避けるためにサッシの隙間に居場所をつくっていて、窓を開けると同時に落ちてきます。
気づけば、同じ雨蛙が毎日同じ場所に居ます。

「楓(カエデ)」は葉の形が、蛙の手の形に似ていることから「カエデ」という名前になったそうです。

多肉植物の寄せ植えと雨蛙

休日に家にいることも多く、また多肉植物を寄せ植えしました。名前が書かれていない小さな苗を購入したので、自分で調べるのですが、左から1番目、3番目、4番目は名前がわかりません。
プロリフェラやスノージェイドによく似ていますが、ちょっと違う気もします。もう少し大きくなってから、また調べてみます。
左から2番目:ドリームスター
左から5番目(一番右):クラッスラ姫星

多肉植物 ドリームスター

ドリームスターは、今の季節どんどん横に広がっていきます。多いところを手でちぎって他の鉢の隙間に入れておくと、その鉢にも根付きます。明るい黄緑色がアクセントになり、鉢全体も明るい雰囲気になります。

クラッスラ姫星は、三角形のような形が重なって、かわいいと思いました。この植物は、タテに伸びていくんですね。

多肉植物 レディジア

鉢が変わって、↑写真3枚目こちらの多肉植物は、レディジアというそうです。葉の先が赤くなっているのが好きです。こちらは、妖怪ろくろ首みたいにタテに伸びていくようです。

多肉植物は昨年の夏、ずっと直射日光が当たる場所に置いておいたら、けっこう傷んでしまいました。お水をやり過ぎたせいもあるかもしれません。植物が蒸れた感じになりました。
今春に土も新しく入れ替えて、鉢もそれぞれ合ったものに変えました。
今年の夏は、雨があまり当たらない軒下で、午後から直射日光が当たる場所に移動しています。
鉢のまわりには、雨蛙とダンゴムシがいっぱいいます。

下の最後の写真は、9月に追加したものです。7月にみどり色だった雨蛙が、8月〜9月にブチのグレーに変色しました。
土の色に同化してぱっと見わかりにくいので、毎日どの鉢にいるのか探すのを楽しみにしています。植物の根もとにくっついて静かにしていることが多いです。
こちらの植物は、ラムズイヤー、クラッスラ紅稚児、ドリームスターです。

グレーに変色した雨蛙

寄せ植えはこちらにも掲載しています。
多肉植物の寄せ植えをかわいいブリキ鉢に。
多肉植物の寄せ植え。

植物やお花の写真撮影、パンフレットのデザインなども承ります。