JUNK HEADとHOKUSAIを観ました。

ストップモーションアニメーション

5月にStopmotion Animation(こま撮りアニメ映画)の「JUNK HEAD」を観に行ってきました。日曜日の朝のニュース番組で「JUNK HEAD」の紹介をしていて、どうしても観たくて、その日の夕方にひとりで映画館に行きました。
コロナが落ち着かない中、心配もありましたが、時間的にも混んでいないだろうと。
「JUNK HEAD」は7年間かけて、キャラクターや背景、撮影も編集も、音声も、堀貴秀監督ひとり(途中からスタッフの方3〜4人になったようです。)で制作したとのことで、絶対に観たい気持ちになりました。
ストーリーはコメディー寄りのSFで、ちょっとグロテスクなものも登場してきましたが、主人公のロボットもかわいくて、最後まで楽しめました。
完成をイメージして仕上がりまで突き進めることがなによりすごいなぁと感動しました。

NHKのキャラクターの「どーもくん」を制作したドワーフの制作した「こまねこ」も大好きで、そこからこま撮りをいくつか観ました。
ロシアで製作された「チェブラーシカ」や「ミトン」も気持ちがあたたかくなるような素敵なこま撮り映画です。
こちらのこま撮り映画は、子どもと一緒に楽しむことができます。

あと、こま撮り映画ではないのですが「HOKUSAI」も観ました^^
こちらもずっと観たかった映画で、混んでいないと想像する時間帯に行き、座席も他の人との間がけっこうあいていたので、安心して観ることができました。
北斎のことは、学生の時に勉強して少しは知っていましたが、16年くらい前の2005年秋〜冬に、東京国立博物館で開催された「北斎展」で展示されていた500点の原画や版画を実際に観て、北斎のファンになりました。
北斎は亡くなる90歳まで、たくさんの絵を描いています。
勝川春郎、宗理、葛飾北斎、戴斗、為一、画狂老人卍 など(もっと数多く)改号していたようです。
お酒も飲まないし、部屋も散らかっていて、絵を描くことに明け暮れて他のことは気にかけなかったそうです。生涯で93回も引越ししたとか。
北斎を演じた柳楽優弥さんと田中泯さんの二人が素敵だったので、こんなにかっこよかったのだろうか…と思ったり、同じく江戸時代に活躍した浮世絵師の歌磨や写楽も登場し、このような人物だったのかなぁと想像して、楽しかったです。
それでも江戸時代は、文学や芸術に対して厳しかったようで、斬られたりする場面は、ちょっと子どもたちにはきつそうです。

時々は映画も観に行きたいです。
早くコロナが落ち着くことを願っています。

桜並木レターセットとカッティングマシン。

春の気配を感じるようになってきました。
桜の木やバラの木などを見ると、芽吹いているのがわかります。
冬の寒さに縮こまっていた植物が、ほころび始めました。

桜並木レターセットを作ってみました。
新一年生のご入学お祝いに添えたり、春のお手紙としてお使いいただけます。

桜並木レターセット

型抜きの便箋を数多く作る場合、いつもは「トムソン加工」という加工をして型抜きをするのですが、少量の制作なので、カッティングマシンを購入してカットしてみました。

便箋 桜並木

今回、封筒もカッティングマシンでカットしてから、自分で製袋(せいたい)しています。

洋2封筒 桜吹雪

カッティングマシンを購入する前には、ユーロポート株式会社にカットテストもお願いして、時間をかけて選びました。
購入後、自分でカットテストをしていましたが、慣れるまでにたくさん失敗をして、カットしたい紙を載せる台紙は、深い溝もできました^^;
なんでもそうですが、上手に出来る人の行動を先に目の前で見ていると「出来る」という信用が自分の心に生まれて、すんなり出来るんだと思いますが、出来るか出来ないかわからないと、すごく不安になりますね。
今はカットに慣れて、きれいにカットすることができます^^

ユーロポート株式会社(とても親切です)
https://europort.jp

*  *  *

Creemaで販売しております。
https://www.creema.jp/c/tsukitokaede

【レターセット内容】
▪︎便箋2枚、封筒2枚、台紙1枚
▪︎価格:620円(税込)

【オプション】
▪︎便箋と封筒について、それぞれ枚数を1枚単位で追加することができます。

[便箋]
▪︎枚数:2枚入り
▪︎折った時のサイズ:A6(ヨコ148×タテ105mm)
▪︎伸ばした時のサイズ:ヨコ148×タテ約250mm
▪︎印刷:オフセット印刷
▪︎厚み:コピー用紙よりも厚みがあります。
▪︎紙の質感:さらっとした、やさしい手触りで、文字が書きやすい質感です。
筆ペンやジェルボールペン、万年筆でもきれいに書くことができます。

[封筒]
▪︎枚数:2枚入り
▪︎サイズ:洋2封筒(ヨコ162×タテ114〜115mm)
▪︎印刷:オンデマンド印刷
▪︎厚み:コピー用紙よりも若干ですが、厚みがあります。
▪︎紙の質感:さらっとした、半透明の紙、トレーシングペーパーです。
油性ペンできれいに書くことができ、乾きも早いです。
筆ペンや万年筆でもきれいに書くことができますが、乾くのに少し時間がかかります。
封をしたり切手を貼る時に、水分量の多いのりを使うとシワになりやすいので、テープのりや両面テープがおすすめです。または水分量の少ないボンドを少量使うときれいに貼ることができます。

[台紙]
▪︎枚数:1枚入り
▪︎サイズ:ヨコ165×タテ117mm
▪︎印刷:オンデマンド印刷
▪︎厚み:ポストカードよりも厚みがあります。
便箋や封筒が折れないように入れています。
罫線を印刷してあるので、便箋や封筒の下敷きとしてお使いいただけます。

冬に楽しむ植物。アネモネとラナンキュラスと。

コロナの影響で、自宅にいることが多くなり、秋〜初冬にかけてアネモネやラナンキュラスなどをいくつか植えました。

アネモネ オーロラ
こちらの写真は「アネモネ オーロラ(八重)」。
薄い花びらがいくつも重なって、とてもきれいで、ずっと見ていても飽きないのが不思議です^^;

アネモネは、秋〜春にかけての耐寒性の強い球根植物で、ギリシャ語の「風」を意味する「anemos」が由来のようです。
秋には、通常の大きさのお花が咲きましたが、冬は小さめになりました。

写真は晩秋のお花を花瓶に挿したもので、花の背後から自然光が差すように置き、そうすると花の正面が影で暗くなるので、その影をなくすようにハレパネで反射させて撮りました。

アネモネ ポルト

白い花びらの写真は「アネモネ ポルト」。
もともとアネモネって、このような花びらが一重のお花だった気がします。
冬はつぼみが開くまで何日もかかりますが、それでも寒い中、通常の大きさのお花が咲きました。

ラナンキュラス 綾リッチ

こちらはアネモネに似ているラナンキュラス。「綾リッチ」という種類です。
「寒さには比較的強い」と書かれています。
つぼみをたくさんつけますが、冬の寒さにじっと耐えているようで、開かないままずっと長い期間つぼみです。なので、お花の部分を切って部屋の中の花瓶に挿してみました。
ラナンキュラスも球根植物で、ラテン語の「かえる」を意味する「rana」から来ているようです。

ラナンキュラスと一緒に花瓶に入れているのは「レイシェステリア ジェラシー」と「ヴィルガツム」です。

「レイシェステリア ジェラシー」は、スイカズラ科の宿根草。
耐寒性が強いと書かれていますが、冬の外にある植物は葉が全部落ちています。
こちらは葉っぱの色が、とても明るいキミドリ色なので、植えた場所も明るくしてくれます。
晩夏に購入しましたが、夏につける花もとても魅力的です。

「ヴィルガツム」は、フジウツギ科の宿根草です。
シルバーリーフで、寒い冬の外でも葉っぱをつけています。
夏から秋にかけて、白い小さな花をつけます。

宿根草から根っこ

部屋の花瓶に挿したり、神棚に置いていますが(榊の代わりにならないですかね。)根っこがたくさん出てきてびっくりしました。
根っこが出る植物は自分で増やしていけるので、それも楽しいですね。
春になったら、鉢に植えてみます。

世界でコロナワクチンの接種も始まって、少しずつでも、行きたいところに自由に気兼ねなく外出できるようになればいいなと思います。
ワクチンの接種も、最初は少し心配です。