ざらっとした風合いがあるのに、きれいに印刷できる好きな紙 3選。

「ざらっとした風合いがあるのに、きれいに印刷できる紙」は、通常のつるっとしたコート紙やマットコート紙とは違って、紙の表面に細かな凹凸としっとりとした質感があります。
普段、印刷物を制作していて、印刷に使う機会が多いのはマットコート紙で、写真の印刷にも適していて、コストも抑えられます。
冊子を作るときに、表紙だけ風合いのある紙を使って個性を出し、中ページは写真をきれいに表現できるマットコート紙ということもあります。
「ざらっとした風合いがあるのに、きれいに印刷できる紙」は、水彩画、筆文字、イラスト、アート作品の写真、文字だけのデザインなどと相性が良い紙です。
マットコート紙よりもコストがかかるので、クライアント様と相談しながら選んでいます。
印刷の前には色サンプルを出して、刷り上がりの色を確認するようにしています。

C o n t e n t s
▶︎ミセスB-F スーパーホワイト
▶︎ヴァンヌーボーVG-FS スノーホワイト
▶︎モデラトーンGA スノー
▶︎T目、Y目、紙の目

ミセスB-F スーパーホワイト

ミセスB-F スーパーホワイト

最初は名前が面白いと思って、興味を持った紙です。Mr.Bという紙もあります。
紙の表面はしっとりとした質感で、よく見ると細かな凹凸があります。オフセット印刷もきれいに仕上がり、インクをのせたところは少し光沢が出ます。ミセスBは印刷するための紙として、表面が塗工されているんですね。
先日、冊子の表紙にミセスBを用いて、シンプルなデザインをオフセット印刷して、イラストは金の箔押しで入れましたが、とてもいい感じに仕上がりました ^-^

特種東海製紙という会社で作られていて、多くの印刷屋さんでお取り扱いがあります。
「F」はFSC(森林認証制度)の取得、森林の管理・伐採が環境や地域社会に配慮されていることを意味しているそうです。
色は、白いほうから順に、スーパーホワイト、ホワイト、オフホワイトがあります。

ヴァンヌーボVG-FS スノーホワイト

ヴァンヌーボVG-FS スノーホワイト

アラベールという紙の質感が好きで、以前、自分の名刺にも使っていました。私の名刺はイラストだけだったので、素敵な感じに印刷できましたが、知り合いの方の顔写真を入れた名刺の時にもアラベールを使ったところ、顔色が黒めにどんよりしてしまって、仕上がりを見て私も顔色が悪くなったと思います ^^;
(アラベールは塗工されていない紙なので、色調整をきちんとすれば、顔写真もきれいに印刷できたかもしれません。)
印刷屋さんに相談したところ、こちらのヴァンヌーボVGという紙をオススメしていただき、顔色も明るく印刷できました!
それから写真を入れたものには、ヴァンヌーボVGをよく使うようになりました。

ダイオーペーパープロダクツという会社で開発されていて、多くの印刷屋さんでお取り扱いがあります。
ヴァンヌーボの意味は「新しい風(VENT NOUVEAU)」とのこと。おしゃれな名前ですね。「FS」はFSC(森林認証制度)の取得、森林の管理・伐採が環境や地域社会に配慮されていることを意味しているそうです。「VG」は「V」がビジュアル、「G」がグロスの意味で、こちらも印刷用に塗工されているんですね。
色は、スノーホワイト、ホワイトがあります。
上記ミセスB-F スーパーホワイトと比べると、ヴァンヌーボVG-FS スノーホワイトよりもミセスB-F スーパーホワイトのほうが白さが強いです。表面の細かな凹凸は、同じくらいに感じます。

モデラトーンGA スノー

モデラトーンGA スノー

モデラトーンは、上記2つの紙よりもボコボコしていて、紙の表面にフェルトのような凹凸があります。イラスト入りの名刺をモデラトーンで印刷したことがありますが、手触りもよく、印象が残るような名刺に仕上がりました。
ただし、塗工されていないので、発色を重視する写真などの印刷には向いていないかもしれません。
私は書類を発行する時に、楮(こうぞ)がすき込まれている和紙にインクジェットプリンターでプリントしていますが、モデラトーンをA4にカットした用紙にもインクジェットプリンターできれいにプリントできました。インクジェット用のスーパーファイン紙と比べると、にじみは多いですが、風合いがあって好きです。

こちらも、特種東海製紙という会社で作られていて、多くの印刷屋さんでお取り扱いがあります。
「GA」とは、竹尾(TAKEO)の森林認証紙・非木材紙・再生紙・ECFパルプ紙、およびその他の方法で環境に配慮している紙の総称とのことです。
色は何種類かありますが、私がお願いしている印刷屋さんの表記は、スノーという色で、上記ヴァンヌーボVG-FS スノーホワイトと同じくらいの白さです。

T目、Y目、紙の目

上記3種の紙を、自宅のプリンターでプリントできるように、今回A4にカットしていただきました。
カット注文する時に、T目・Y目というように紙の目をどちらにするか選択することになりますが、T目?Y目?どっちにしようか、と迷います。和紙製品を作る仕事の時に、その紙の目も何度も出てくるのですが、その都度、調べ直しています。
四六判(1091X788mm)や菊判(636X939mm)という大きな紙があり、それらは長方形にカットされています。T目とは「タテ目」のことで、長い辺に沿って、紙の繊維が流れています。Y目とは「ヨコ目」のことで、短い辺に沿って、紙の繊維が流れています。
A4を取り都合でカットするか(枚数をより多く取るために)、紙の目を考えてカットするか(枚数は少なくても、紙の目を優先にする)どちらかひとつの選択になる場合もあります。
今回は、A4の紙を自宅のプリンターでプリントする目的だったので、紙はT目で発注しました。和紙に比べて、洋紙は紙の繊維が短いので気にしなくても良い場合もありますが、プリンターで紙の流れる方向に合わせました。ただし、A4をきれいに三つ折りすることを一番に考えれば、Y目のほうがきれいに折ることができます。

株式会社 竹尾(TAKEO)は、デザインの勉強をし始めたばかりの10代後半くらいに、デザイン学校の友人からおしえてもらった紙の会社で、おしゃれでずっと憧れています。

株式会社 竹尾(TAKEO)
http://www.takeo.co.jp

モニターさまの似姿絵名刺をデザイン・作成。

今回、2名様の似姿絵名刺をデザインさせていただきました。モニターさまには掲載の許可をいただいています。名刺が出来上がるまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

C o n t e n t s
▶︎長谷川敦子様 似姿絵名刺
▶︎スクール1様 似姿絵名刺

長谷川敦子様 似姿絵名刺

名刺デザイン 長谷川敦子様

【制作までの流れ】(メールのみ)
(長→月)長谷川様より似姿絵の元になるお写真を2点送っていただきました。
(月→長)こちらで名刺案を作り、メールにてお送りしました。
(長→月)長谷川様より校正・追加をいただきました。
(月→長)再度メールにてご確認をお願いいたしました。
(月→印刷)OKをいただき、印刷に発注しました。
(月→長)印刷が仕上がり、長谷川様にレターパックにてお送りしました。

【長谷川様より お客様の声】
名刺は自分の分身のような大事なコミュニケーションツールです。似姿絵名刺は自分らしさのPR力が抜群です。
受け取った人も楽しく親しみを感じると思います。私は懸賞応募が趣味で高校生の時から趣味のように継続しています。
ハガキやコメントで欲しい賞品が当選したり、有名人に会えたり、特別な体験が出来る夢のようなチャンスです。
今はネットやスマホ懸賞が主流ですが、ハガキで応募するときに少し工夫すると印象もアップします。熱意も伝わります。
そこで似姿絵名刺を作成して戴き、自己PRに愛用したいと思いました。ハガキを横にして表と裏2枚貼れば必要事項も記載OKです。
印刷が見やすく記入漏れがなく自己アピールも出来て、ハガキ作りの時間短縮にもつながります。お気に入りの写真を送るだけで、私の特徴を捉えデザインして下さいました。絵本タッチの優しい画風も癒されます。名刺のカラーやスローガンもどちらが好みか見本を見せて下さり、打合せも親身に寄り添って戴きました。今回は月と楓デザインルームさんとの良縁を戴き、幸せに感謝です。
有り難うございました。

【金額の目安】(オフセット印刷・両面フルカラー)
◎初回(デザイン代+印刷代+送料・手数料)
100枚の場合:約21,000円/300枚の場合:約22,000円/500枚の場合:約23,000円
◎2回目以降(増刷:変更点がない場合)
100枚の場合:約8,000円/300枚の場合:約9,000円/500枚の場合:約10,000円

【お届けまでにかかった日数】
約20日間

スクール1様 似姿絵名刺

スクール1様 似姿絵名刺

【制作までの流れ】(メールのみ)
(ス→月)スクール1様より似姿絵の元になるお写真を2点送っていただきました。
(月→ス)こちらで名刺案を作り、メールにてお送りしました。
(ス→月)スクール1様より校正をいただきました。
(月→ス)再度メールにてご確認をお願いいたしました。
(月→印刷)OKをいただき、印刷に発注しました。
(月→ス)印刷が仕上がり、スクール1様にレターパックにてお送りしました。

【スクール1様より お客様の声】
とても可愛らしい名刺に仕上がっていて驚きました。
家族からも好評で、娘は似姿がそっくりだと笑っています。
受け取った人がどんな反応をするのか楽しみです。
名刺から話題が広がり、塾のPRにも繫がってくれるのではないでしょうか。

【金額の目安】(オフセット印刷・両面フルカラー)
◎初回(デザイン代+印刷代+送料・手数料)
100枚の場合:約21,000円/300枚の場合:約22,000円/500枚の場合:約23,000円
◎2回目以降(増刷:変更点がない場合)
100枚の場合:約8,000円/300枚の場合:約9,000円/500枚の場合:約10,000円

【お届けまでにかかった日数】
約20日間

似姿絵名刺デザインします。モニターさま募集。

こちらの募集は、7月31日(水)17:00にて終了しました。ご応募ありがとうございました。2名様のモニターさまに了解を得まして、制作を進めているところです。名刺は仕上がりましたら、ページにて掲載させていただきます。

似姿絵名刺デザインのモニターさま募集

*内容:
実際に名刺を使っていただける方を募集します。
【似姿(にすがた)とは】似せてつくった像や絵のこと。「似顔絵(にがおえ)」はよく耳にしますが「似姿(にすがた)」は普段あまり使わない言葉ですね。
【オモテ面】あなたの似姿絵のイラスト、あなたのキャッチコピー、お名前を印刷します。(上部の画像のようなイラストになります。)
【ウラ面】ご住所、お電話番号をシンプルに記載します。
91×55mmサイズの名刺を、100枚印刷しまして、郵送にてお届けします。(データのお渡しは含まれません。)
名刺の制作後は、ホームページにて掲載させていただきます。(お名前など掲載したくない場合は、仮のお名前に差し替えます。)
印刷代などの料金は、こちらで負担しますので、モニターさまには一切請求いたしません。
前回、作成させていただいた名刺はこちらのページに掲載しています。

*募集人数:2名様

*応募期間:2019年7月31日(水)17:00まで

*応募方法:下記のフォームにご記入いただき、送信してください。

*応募資格・条件:
ご確認・同意のうえ、ご応募ください。概要は下記のとおりです。
◎普段、実際に名刺を使っていただける方。
◎こちらからお送りするメールに対して、1〜3日以内には、ご返信いただける方。または、お電話での打ち合わせが可能な方。
◎名刺をホームページに掲載しても構わない方。
◎名刺をお届けさせていただいてから、感想(コメント)を書いてくださる方。

*当選した場合の制作までの流れ:
★こちらから、当選者の方にメールにてご連絡いたします。

★イラストにしたい全身の写真をお送りください。もし可能でしたら、キャッチコピーも送ってください。

★モニターさまより送っていただいた写真を似姿絵のイラストにして、名刺をデザインいたします。

★デザインが仕上がりましたら、モニターさまにご確認いただきます。修正したいところがある場合は、ご連絡ください。

★修正・追加をして印刷に発注いたします。(印刷に10日ほどかかります。)

★仕上がりましたら、モニターさまに郵送にてお送りいたします。
(9月上旬に発送できる予定ですが、進行具合によって変わってきます。)

★モニターさまにご確認いただいて、感想(コメント)を送っていただきます。

*注意事項:
◎応募はお一人様1回に限ります。
◎応募者多数の場合は抽選をおこないます。抽選の結果は、応募期間終了後1週間以内に、当選者の方にのみメールにてお知らせします。
◎当選されてもご返信がない場合には、制作することはできませんのでご了承ください。

*個人情報の取り扱い:プライバシーポリシーをご覧ください。