多肉植物の寄せ植えと雨蛙。

今年の7月は、雨の日がとても多い。
夜が涼しくなって眠りやすくなる反面、お布団などが干せなくてジメジメしています。
朝、窓を開けるといつも濡れた質感のものが、ボトボトっと上から落ちてきて腕に当たるので、心臓に悪いです。雨蛙が1〜2匹、雨を避けるためにサッシの隙間に居場所をつくっていて、窓を開けると同時に落ちてきます。
気づけば、同じ雨蛙が毎日同じ場所に居ます。

「楓(カエデ)」は葉の形が、蛙の手の形に似ていることから「カエデ」という名前になったそうです。

多肉植物の寄せ植えと雨蛙

休日に家にいることも多く、また多肉植物を寄せ植えしました。名前が書かれていない小さな苗を購入したので、自分で調べるのですが、左から1番目、3番目、4番目は名前がわかりません。
プロリフェラやスノージェイドによく似ていますが、ちょっと違う気もします。もう少し大きくなってから、また調べてみます。
左から2番目:ドリームスター
左から5番目(一番右):クラッスラ姫星

多肉植物 ドリームスター

ドリームスターは、今の季節どんどん横に広がっていきます。多いところを手でちぎって他の鉢の隙間に入れておくと、その鉢にも根付きます。明るい黄緑色がアクセントになり、鉢全体も明るい雰囲気になります。

クラッスラ姫星は、三角形のような形が重なって、かわいいと思いました。この植物は、タテに伸びていくんですね。

多肉植物 レディジア

鉢が変わって、↑写真3枚目こちらの多肉植物は、レディジアというそうです。葉の先が赤くなっているのが好きです。こちらは、妖怪ろくろ首みたいにタテに伸びていくようです。

多肉植物は昨年の夏、ずっと直射日光が当たる場所に置いておいたら、けっこう傷んでしまいました。お水をやり過ぎたせいもあるかもしれません。植物が蒸れた感じになりました。
今春に土も新しく入れ替えて、鉢もそれぞれ合ったものに変えました。
今年の夏は、雨があまり当たらない軒下で、午後から直射日光が当たる場所に移動しています。
鉢のまわりには、雨蛙とダンゴムシがいっぱいいます。

下の最後の写真は、9月に追加したものです。7月にみどり色だった雨蛙が、8月〜9月にブチのグレーに変色しました。
土の色に同化してぱっと見わかりにくいので、毎日どの鉢にいるのか探すのを楽しみにしています。植物の根もとにくっついて静かにしていることが多いです。
こちらの植物は、ラムズイヤー、クラッスラ紅稚児、ドリームスターです。

グレーに変色した雨蛙

寄せ植えはこちらにも掲載しています。
多肉植物の寄せ植えをかわいいブリキ鉢に。
多肉植物の寄せ植え。

植物やお花の写真撮影、パンフレットのデザインなども承ります。

ミニ盆栽を作ってみました。小さな松と南天。

お正月商品を撮影させていただくお仕事があって、いつもクライアントさんがコーディネートしてくれるのですが、自分でもアレンジすることがあって、商品のバックにミニ盆栽をぼかして入れたいと思いました。
古くから盆栽は、お正月や慶事の際に、玄関などに飾られてきたそうです。
今回、ネットで小さな松と南天の苗、信楽焼の鉢を購入して、それに苔(コケ)を加えて、ミニ盆栽を作ってみました。
ちなみに「コケにしやがって」のコケは「虚仮」と書くそうです。

ミニ盆栽 松と南天

C o n t e n t s
▶︎ミニ盆栽を作る準備
▶︎鉢底の水はけを良くする
▶︎苗を植えて盆栽用の土を入れる
▶︎盆栽ガーデニング

ミニ盆栽を作る準備

三河黒松・紅白南天

【準備したもの】
*松の苗(三河黒松)・南天の苗(紅白南天)
*陶器の鉢(2点)
*苔(コケ)
*1.5cmくらいの鉢底石(鉢底の穴から、小石が出ないようにするために使いました。ネットを敷くことが一般的。)
*小品小柏用鉢底土
*盆栽用の土(ホームセンターで購入)
*剪定ばさみ
土入れ

遊恵盆栽さんにて、小さな松と南天の苗、信楽焼の鉢、鉢底土を購入しました。発送も早く、梱包もとても丁寧にされていました。信楽焼の鉢もシンプルでおしゃれです。
松は、四季を通して、常に青々としていることから「不老長寿」の象徴として考えられてきました。
南天は「難を転じて福となす」という意味で、縁起物とされてきました。

鉢底の水はけを良くする

鉢底石

鉢底の穴から小石が出ないようにするために、穴より少し大きめの鉢底石を入れます。こちらはネットを敷くほうが一般的です。
その上に「小品小柏用鉢底土」を敷きます。水はけを良くするためです。

鉢底土

苗を植えて盆栽用の土を入れる

ミニ盆栽を作る

松の苗・南天の苗をポットから取り出して、鉢の正面と苗の正面になるところのバランスをみながら、鉢に入れます。植え替えるときには、根から古い土を取り除いたほうが良いみたいですが、今回初めての盆栽作りで心配だったので、根はあまりほぐさずに入れました。
土入れを使って、土が下にも入るように指でおさえながら、盆栽用の土を鉢の上部まで入れます。

庭にあったきれいな苔(コケ)を、土入れを使って掘り出し、苗の根元に置きました。こちらもはずれないように、指でおさえています。
いらない枝を剪定ばさみで切り整えて、一番上の写真のようになりました。

盆栽は、基本的には外で育てるそうです。夏の暑い日や冬の寒い日には、置く場所を変えたり、カバーをしたりする必要があります。
5月アタマに植えてから、半日陰に置いてありますが、苔の一部が少し茶色くなってきたので、毎日水やりと苔には霧吹きをかけています。

盆栽ガーデニング

自宅に「盆栽ガーデニング」加藤文子(著) 「盆栽ガーデニング[2]四季とインテリア」加藤文子(著)があり、読み返してみました。使っている道具や、植え替える時の方法が写真付きで書かれていて、わかりやすいです。掲載されている盆栽がどれも繊細で、優しい感じがします。
盆栽は、遣唐使が中国から日本に伝えたと云われていて、日本での歴史もとても古いそうです。
山などに自生する植物も尊くてきれいですが、もっと身近に植物を感じられる盆栽も好きです。

多肉植物の寄せ植えをかわいいブリキ鉢に。

ギフトを探して、雑貨屋さんで買い物をしたところ、空き缶のようなブリキの鉢が棚に置いてありました。(2枚目の写真)あまりのかわいさに一目惚れして、レジカウンターに持っていったところ、ディスプレイ用なので販売していませんとのこと(;_;)
でもやっぱりほしかったので、鉢のウラにあったシールに記載されていた品番でネット検索してみたところ。。ありました!早速、鉢に合いそうな多肉植物を選んで植えてみました ^ – ^

C o n t e n t s
▶︎本の形をしたブリキの鉢に寄せ植え
▶︎空き缶のようなブリキの鉢がかわいい
▶︎セリアのアンティーク風の鉢に寄せ植え

本の形をしたブリキの鉢に寄せ植え

多肉植物 樹氷 シルバーグラス ドリームスター サブセシリス

左前:樹氷、左後ろ:シルバーグラス、真ん中の多肉植物はわからなくて、右前:ドリームスター、右後ろ:サブセシリス。
シルバーグラスの葉を、指でさわると、ハーブのような甘い爽やかな香りがします。
ドリームスターのような黄色に近い色を入れると明るい雰囲気になります。根っこが細くて短いので、根鉢をあまり崩さないようにして入れました。
こちらのブリキの鉢は、ちゃんと底に穴が空いています。穴は1つだけなので、鉢底石を多めに入れて水はけが良くなるようにしています。株式会社 友膳さんの鉢です。

【植物のその後】
シルバーグラスは夏にとても大きくなり、単体で別の鉢に植え替えました。寒さに弱く、冬には葉が茶色くなってしまいましたが、また夏になり、ぐんぐん成長しています。
ドリームスターは放っておいても元気に広がります。水が足りないと、白っぽくなります。
サブセシリスは根元から、新芽が出てきましたが、一番大きな部分が茶色くなってしまって、今は新芽のみ残した状態です。成長はゆっくりです。

空き缶のようなブリキの鉢がかわいい

多肉植物 樹氷 熊童子 十二の巻 ドリームスター

こちらが一目惚れした空き缶のようなブリキの鉢です。手のひらに入る小さめサイズです。ちゃんと底に穴が空いています。こちらも株式会社 友膳さんの鉢です。
ブルーの鉢:左から、樹氷、熊童子。
熊童子は、子グマの手の形に似ていることから、この名前になったようです。ふわふわの毛があり、ぷっくりとしていて、ずっと見ていても飽きません。
白い鉢:左から、十二の巻、ドリームスター。
十二の巻は、細長い尖った葉に、白い模様がおしゃれです。ぎょっとするほど根っこが大きくグロテスクです。今回、小さな鉢に押し込みました。大きく成長しそうなので、この鉢がきつくなってきたら、大きめの鉢に植え替えます。

【植物のその後】
樹氷も熊童子も冬越しできました。冬の昼間は外に置いておきましたが、夜間は家の中に入れました。
十二の巻は大きくなったので、単体で別の鉢に植え替えました。根っこが大きいせいか、すぐに土が乾きます。5〜6月に真ん中から伸びた茎に、シックな色の小さな花が咲きました。

セリアのアンティーク風の鉢に寄せ植え

多肉植物 クラッスラ紅稚児 ドリームスター ファンファーレ

写真左から、クラッスラ紅稚児、ドリームスター、ファンファーレ。
ドリームスターが少なめですが、これから広がっていくことを予想しています。セリアのさびたブリキがとても風合いがあって100円とは思えません。ただ、鉢の下に穴が開いていないので、必要な場合は自分で開けることになります。

【植物のその後】
クラッスラ紅稚児は秋に赤くなりますが、夏は緑色になります。こちらも夏にぐんぐん大きくなっています。
ファンファーレは根元から新芽が出てきて、それも大きくなってきています。
セリアの鉢は、サビ加工のサビが進行して、左右の取手が外れました(><)

青木ヒデオさんの鉢に寄せ植えは、こちらのページです。

植物やお花の写真撮影、パンフレットのデザインなども承ります。